又吉 演(またよし えん)

Profile

Banoo.LLC CEO。プロデューサー。

 

 1969年那覇市生まれ。高校2年生の頃から漫画家(コミックおきなわ)として活動、映画監督中江裕司に師事し映画を学び、映画「パイナップルツアーズ」で制作主任を務める。ミニコミ誌の制作(沖縄JOHO)、ラジオDJ(RBC「カリスマ予備軍オサムジム」、FM沖縄「ダービースタジアム」)、WEB制作(デジタルマニュファクチュア)、専門学校講師(沖縄ビジネス公務員情報学校、KBC学園、マルチメディア学院)、広告代理店(エマ・エンタープライズ)等、多方面で活躍。

 特にWEBデザインでは沖縄初のWEBデザイナーの一人

 2001年からフィルムコミッションの調査事業の研究員を経て、沖縄経済同友会IT小委員会のメンバーと共にフィルムコミッション設立に奔走。2003年沖縄フィルムオフィス設立時からスタッフ(嘱託職員)となる。沖縄への映画、ドラマ誘致・支援活動を行いながら、映像産業振興に関する取組も数々行った。

 2008年チーフに就任。初期の「琉神マブヤー」や中学生映画監督仲村颯悟映画「やぎの冒険」等も支援した。

 文化庁フィルム・コミッションデータベース委員会委員文化庁全国ロケーションデータベース検討委員会委員沖縄県平成17年度次世代委員会委員経済産業省「沖縄グローバル新産業創出プロジェクト委員会」委員

 新聞連載、雑誌連載、各種シンポジウムやパネルディスカッション等のパネリスト、講師、司会進行、コーディネーターとしても活躍。

 2011年、沖縄フィルムオフィスを嘱託職員の任期満了に伴い退職。映画「KOTOKO」(塚本晋也監督・Cocco主演:4月公開/第68回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門最高賞(グランプリ)受賞)俳優として参加。

 2012年、今帰仁村観光協会(任意団体)の設立準備を手がけ、設立と同時に今帰仁村観光協会事務局長に就任。

 「ぬーんねんしが今帰仁村」(訳・何もないけど今帰仁村)というキャッチフレーズのポスターを企画制作。賛否両論起こるも、今では村民に愛されるキャッチフレーズに。初代今帰仁村観光協会会長上間宏明と共に、古宇利島にある海岸の岩を「ハートロック」としてPR。JAL先得CMのロケ地として注目を浴び、2017年現在、年間約80万人(推計)が訪れる観光地に。

 2015年、今帰仁村観光協会を任意団体から法人化。一般社団法人今帰仁村観光協会へ改組。

 平成27年度地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)「大学生アンバサダーを活用した今帰仁村観光開発移住促進事業」を県外広告代理店と企画。村を通じて応募。採択され、東京の女子大生19名を30日間今帰仁に滞在させ、地域振興のアイディアを出したり、東京でのイベント開催、今帰仁でのイベント開催、YOUTUBEでの短編ドラマ「今帰仁ベンチ」を制作・公開した。

 また、全国初となる360度VR技術を使った、観光PRドラマ「360°NAKIJIN MOVIE」を制作。YOUTUBEで公開した。

 観光協会は設立時約370万円の県の補助事業と352万円の補助金等、約750万円でたった1人のスタートだったが、5年後にはスタッフ7人、教育民泊事業等で約1億円以上の収益を生み出す組織に成長させた。

 2017年、3月、観光協会を退職。数ヶ月のフリー期間を経て、

 

 2017年8月 Banoo.LLCを設立

 現在、今帰仁村運天に設立予定の宿泊施設のプロジェクトでアメリカ、オレゴン州ポートランドの街づくりの手法を取り入れた取組について、地域のコンサルティングを担当。古宇利島のお土産品、ご当地グルメのプロデュース等手がけている。

Banoo LLC.

Regional Produce & Consulting

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon

40-2 Tamashiro Nakijin Kunigami-gun Okinawa